フーリエ変換赤外分光装置 (FTS 60A/896, Bio Rad)

【設置場所】B棟508-2室

【管理責任者】八木一三

【概要】化合物の結合の伸縮、変角、回転に基づく赤外光の吸収を測定し、物質の構造や官能基の存在、表面構造の情報を得ることができる。測定可能な波数領域は中赤外領域で4000~400 cm-1となる。通常の透過測定だけでなく反射測定も可能。透過測定の試料は、KBr錠剤法やヌジョール法で調製するか、液体セル(常備)に直接導入する。付属のソフトによりバンド位置の検出やバンド面積の計算も可能。測定データはCSVファイルに変換することができる。