超電導核磁気共鳴装置 (ADVANCE Ⅲ, ブルカー バイオスピン)

【設置場所】実験棟14室

【管理責任者】梅澤大樹

【概要】外部磁場に置かれた原子核が示す核磁気共鳴を測定するもので、水素(H-1)や炭素原子(C-13)などの化学結合状態などを調べることができる。本装置では溶液サンプルの1次元・2次元スペクトルの測定も可能。また、フッ素(F-19)、リン(P-31)のスペクトルも測定できる。